あのときの王子くん / The Little Prince — w językach japońskim i angielskim. Strona 8

Japońsko-angielska dwujęzyczna książka

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

あのときの王子くん

Antoine de Saint-Exupery

The Little Prince

でも、きいたことにはこたえず、その子はこういっただけだった。

But he did not reply to my question. He merely said to me:

「水は、心にもいいんだよ……」

“Water may also be good for the heart…”

ぼくは、どういうことかわからなかったけど、なにもいわなかった……きかないほうがいいんだと、よくわかっていた。

I did not understand this answer, but I said nothing. I knew very well that it was impossible to cross-examine him.

その子はへとへとだった。すわりこむ。ぼくもその子のそばにすわりこむ。しーんとしたあと、その子はこうもいった。

He was tired. He sat down. I sat down beside him. And, after a little silence, he spoke again:

「星がきれいなのは、見えない花があるから……」

“The stars are beautiful, because of a flower that cannot be seen.”

ぼくは〈そうだね〉とへんじをして、月のもと、だんまり、すなのでこぼこをながめる。

I replied, “Yes, that is so.” And, without saying anything more, I looked across the ridges of sand that were stretched out before us in the moonlight.

「さばくは、うつくしい。」と、その子はことばをつづけた……

“The desert is beautiful,” the little prince added.

まさに、そのとおりだった。ぼくはいつでも、さばくがこいしかった。なにも見えない。なにもきこえない。それでも、なにかが、しんとするなかにも、かがやいている……

And that was true. I have always loved the desert. One sits down on a desert sand dune, sees nothing, hears nothing. Yet through the silence something throbs, and gleams…

王子くんはいった。「さばくがうつくしいのは、どこかに井戸をかくしてるから……」

“What makes the desert beautiful,” said the little prince, “is that somewhere it hides a well…”

ぼくは、どきっとした。ふいに、なぜ、すながかがやいてるのか、そのなぞがとけたんだ。ぼくが、ちいさなおとこの子だったころ、古いやしきにすんでいた。そのやしきのいいつたえでは、たからものがどこかにかくされているらしい。もちろん、だれひとりとして、それを見つけてないし、きっと、さがすひとさえいなかった。でも、そのいいつたえのおかげで、その家まるごと、まほうにかかったんだ。その家に、かくされたひみつがある。どこか、おくそこに……

I was astonished by a sudden understanding of that mysterious radiation of the sands. When I was a little boy I lived in an old house, and legend told us that a treasure was buried there. To be sure, no one had ever known how to find it; perhaps no one had ever even looked for it. But it cast an enchantment over that house. My home was hiding a secret in the depths of its heart…

「そうか。」と、ぼくは王子くんにいった。「あの家とか、あの星とか、あのさばくが気になるのは、そう、なにかをうつくしくするものは、目に見えないんだ!」

“Yes,” I said to the little prince. “The house, the stars, the desert — what gives them their beauty is something that is invisible!”

「うれしいよ。」と、その子はいった。「きみも、ぼくのキツネとおなじこといってる。」

“I am glad,” he said, “that you agree with my fox.”

王子くんがねつくと、ぼくはすぐさま、その子をだっこして、またあるきはじめた。ぼくは、むねがいっぱいだった。なんだか、こわれやすいたからものを、はこんでるみたいだ。きっと、これだけこわれやすいものは、ちきゅうのどこにもない、とさえかんじる。

As the little prince dropped off to sleep, I took him in my arms and set out walking once more. I felt deeply moved, and stirred. It seemed to me that I was carrying a very fragile treasure. It seemed to me, even, that there was nothing more fragile on all Earth.

ぼくは、月あかりのもと、じっと見た。その子の青白いおでこ、つむった目、風にゆれるふさふさのかみの毛。ぼくはこうおもう。ここで見ているのは、ただの〈から〉。いちばんだいじなものは、目に見えない……

In the moonlight I looked at his pale forehead, his closed eyes, his locks of hair that trembled in the wind, and I said to myself:

ちょっとくちびるがあいて、その子がほほえみそうになった。そのとき、ぼくはつづけて、こうかんがえていた。『ねむってる王子くんに、こんなにもぐっとくるのは、この子が花にまっすぐだから。花のすがたが、この子のなかで、ねむってても、ランプのほのおみたく、きらきらしてるから……』そのとき、これこそ、もっともっとこわれやすいものなんだ、って気がついた。この火を、しっかりまもらなくちゃいけない。風がびゅんとふけば、それだけできえてしまう……

“What I see here is nothing but a shell. What is most important is invisible…” As his lips opened slightly with the suspicion of a half-smile, I said to myself, again: “What moves me so deeply, about this little prince who is sleeping here, is his loyalty to a flower — the image of a rose that shines through his whole being like the flame of a lamp, even when he is asleep…” And I felt him to be more fragile still. I felt the need of protecting him, as if he himself were a flame that might be extinguished by a little puff of wind…

そうして、そんなふうにあるくうち、ぼくは井戸を見つけた。夜あけのことだった。

And, as I walked on so, I found the well, at daybreak.

25

XXV

王子くんはいった。「ひとって、はやいきかんしゃにむちゅうだけど、じぶんのさがしものはわかってない。ということは、そわそわして、ぐるぐるまわってるだけ。」

“Men,” said the little prince, “set out on their way in express trains, but they do not know what they are looking for. Then they rush about, and get excited, and turn round and round…”

さらにつづける。

And he added:

「そんなことしなくていいのに……」

“It is not worth the trouble…”

ぼくたちが行きあたった井戸は、どうもサハラさばくの井戸っぽくはなかった。さばくの井戸っていうのは、さばくのなかで、かんたんな穴がぽこっとあいてるだけ。ここにあるのは、どうも村の井戸っぽい。でも、村なんてどこにもないし、ぼくは、ゆめかとおもった。

The well that we had come to was not like the wells of the Sahara. The wells of the Sahara are mere holes dug in the sand. This one was like a well in a village. But there was no village here, and I thought I must be dreaming…

「おかしい。」と、ぼくは王子くんにいった。「みんなそろってる。くるくる、おけ、ロープ……」

“It is strange,” I said to the little prince. “Everything is ready for use: the pulley, the bucket, the rope…”

その子はわらって、ロープを手にとり、くるくるをまわした。するときぃきぃと音がした。風にごぶさたしてる、かざみどりみたいな音だった。

He laughed, touched the rope, and set the pulley to working. And the pulley moaned, like an old weathervane which the wind has long since forgotten.

「きこえるよね。」と王子くんはいった。「ぼくらのおかげで、この井戸がめざめて、うたをうたってる……」

“Do you hear?” said the little prince. “We have wakened the well, and it is singing…”

ぼくは、その子にむりをさせたくなかった。

I did not want him to tire himself with the rope.

「かして。」と、ぼくはいった。「きみには、きつすぎる。」

“Leave it to me,” I said. “It is too heavy for you.”

そろりそろり、ぼくは、おけをふちのところまでひっぱり上げて、たおれないよう、しっかりおいた。ぼくの耳では、くるくるがうたいつづけていて、まだゆらゆらしてる水の上では、お日さまがふるえて見えた。

I hoisted the bucket slowly to the edge of the well and set it there — happy, tired as I was, over my achievement. The song of the pulley was still in my ears, and I could see the sunlight shimmer in the still trembling water.

「この水がほしい。」と王子くんがいった。「のませてちょうだい……」

“I am thirsty for this water,” said the little prince. “Give me some of it to drink…”

そのとき、ぼくはわかった。その子のさがしものが!

And I understood what he had been looking for.

ぼくは、その子の口もとまで、おけをもちあげた。その子は、目をつむりながら、ごくっとのんだ。おいわいの日みたいに、気もちよかった。その水は、ただののみものとは、まったくべつのものだった。この水があるのは、星空のしたをあるいて、くるくるのうたがあって、ぼくがうでをふりしぼったからこそなんだ。この水は、心にいい。

I raised the bucket to his lips. He drank, his eyes closed. It was as sweet as some special festival treat. This water was indeed a different thing from ordinary nourishment. Its sweetness was born of the walk under the stars, the song of the pulley, the effort of my arms. It was good for the heart, like a present.

プレゼントみたいだ。ぼくが、ちいさなおとこの子だったころ。クリスマスツリーがきらきらしてて、夜ミサのおんがくがあって、みんな気もちよくにこにこしてたからこそ、ぼくのもらった、あのクリスマスプレゼントは、あんなふうに、きらきらかがやいていたんだ。

When I was a little boy, the lights of the Christmas tree, the music of the Midnight Mass, the tenderness of smiling faces, used to make up, so, the radiance of the gifts I received.

王子くんがいった。「きみんとこのひとは、5000本ものバラをひとつの庭でそだててる……で、さがしものは見つからない……」

“The men where you live,” said the little prince, “raise five thousand roses in the same garden — and they do not find in it what they are looking for.”

「見つからないね。」と、ぼくはうなずく……

“They do not find it,” I replied.

「それなのに、さがしものは、なにか1りんのバラとか、ちょっとの水とかのなかに見つかったりする……」

“And yet what they are looking for could be found in one single rose, or in a little water.”

「そのとおり。」と、ぼくはうなずく。

“Yes, that is true,” I said.

王子くんはつづける。

And the little prince added:

「でも、目じゃまっくらだ。心でさがさなくちゃいけない。」

“But the eyes are blind. One must look with the heart…”

ぼくは水をのんだ。しんこきゅうする。さばくは、夜あけで、はちみつ色だった。ぼくもうれしかった、はちみつ色だったから。もう、むりをしなくてもいいんだ……

I had drunk the water. I breathed easily. At sunrise the sand is the color of honey. And that honey color was making me happy, too. What brought me, then, this sense of grief?

「ねぇ、やくそくをまもってよ。」と、王子くんはぽつりといって、もういちど、ぼくのそばにすわった。

“You must keep your promise,” said the little prince, softly, as he sat down beside me once more.

「なんのやくそく?」

“What promise?”

「ほら……ヒツジのくちわ……ぼくは、花におかえししなくちゃなんないんだ!」

“You know — a muzzle for my sheep… I am responsible for this flower…”

ぼくはポケットから、ためしにかいた絵をとりだした。王子くんはそれを見ると、わらいながら、こういった。

I took my rough drafts of drawings out of my pocket. The little prince looked them over, and laughed as he said:

「きみのバオバブ、ちょっとキャベツっぽい……」

“Your baobabs — they look a little like cabbages.”

「えっ!」
バオバブはいいできだとおもっていたのに!

“Oh!”
I had been so proud of my baobabs!

「きみのキツネ……この耳……ちょっとツノっぽい……ながすぎるよ!」

“Your fox — his ears look a little like horns; and they are too long.”

その子は、からからとわらった。

And he laughed again.

「そんなこといわないでよ、ぼうや。ぼくは、なかの見えないボアと、なかの見えるボアしか、絵ってものをしらないんだ。」

“You are not fair, little prince,” I said. “I don’t know how to draw anything except boa constrictors from the outside and boa constrictors from the inside.”

「ううん、それでいいの。子どもはわかってる。」

“Oh, that will be all right,” he said, “children understand.”

そんなわけで、ぼくは、えんぴつでくちわをかいた。それで、その子にあげたんだけど、そのとき、なぜだか心がくるしくなった。

So then I made a pencil sketch of a muzzle. And as I gave it to him my heart was torn.

「ねぇ、ぼくにかくれて、なにかしようとしてる……?」

“You have plans that I do not know about,” I said.

でも、その子はそれにこたえず、こう、ぼくにいった。

But he did not answer me.

「ほら、ぼく、ちきゅうにおっこちて……あしたで1年になるんだ……」

He said to me, instead:
“You know — my descent to the earth… Tomorrow will be its anniversary.”

そのあと、だんまりしてから、

Then, after a silence, he went on:

「ここのちかくにおっこちたんだ……」

“I came down very near here.”

といって、かおをまっ赤にした。

And he flushed.

そのとき、また、なぜだかわからないけど、へんにかなしい気もちになった。

And once again, without understanding why, I had a queer sense of sorrow.

それなのに、ぼくはきいてみたくなったんだ。
「じゃあ、1しゅうかんまえ、ぼくときみがであったあのあさ、きみがあんなふうに、ひとのすむところのはるかかなた、ひとりっきりであるいていたのは、たまたまじゃないってこと※(感嘆符疑問符、1-8-78) きみは、おっこちたところに、もどってるんだね?」

One question, however, occurred to me:
“Then it was not by chance that on the morning when I first met you — a week ago — you were strolling along like that, all alone, a thousand miles from any inhabited region? You were on the your back to the place where you landed?”

王子くんは、もっと赤くなった。

The little prince flushed again.

ぼくは、ためらいつつもつづけた。

And I added, with some hesitancy:

「もしかして、1年たったら……?」

“Perhaps it was because of the anniversary?”

王子くんは、またまたまっ赤になった。しつもんにはこたえなかったけど、でも、赤くなるってことは、〈うん〉っていってるのとおんなじってことだから、だから。

The little prince flushed once more. He never answered questions — but when one flushes does that not mean “Yes”?

「ねぇ!」と、ぼくはいった。「だいじょうぶ……?」

“Ah,” I said to him, “I am a little frightened — ”

それでも、その子はこたえなかった。

But he interrupted me.

「きみは、もう、やることをやらなくちゃいけない。じぶんのからくりのところへかえらなきゃいけない。ぼくは、ここでまってる。あしたの夜、かえってきてよ……」

“Now you must work. You must return to your engine. I will be waiting for you here. Come back tomorrow evening…”

どうしても、ぼくはおちつけなかった。キツネをおもいだしたんだ。だれであっても、なつけられたら、ちょっとないてしまうものなのかもしれない……

But I was not reassured. I remembered the fox. One runs the risk of weeping a little, if one lets himself be tamed…

26

XXVI

井戸のそばに、こわれた古い石のかべがあった。つぎの日の夕がた、ぼくがやることをやってもどってくると、とおくのほうに、王子くんがそのかべの上にすわって、足をぶらんとさせているのが見えた。その子のはなしごえもきこえてくる。

Beside the well there was the ruin of an old stone wall. When I came back from my work, the next evening, I saw from some distance away my little price sitting on top of a wall, with his feet dangling. And I heard him say:

「じゃあ、きみはおぼえてないの?」と、その子はいった。「ちがうって、ここは!」

“Then you don’t remember. This is not the exact spot.”

その子のことばに、なにかがへんじをしているみたいだった。

Another voice must have answered him, for he replied to it:

「そうだけど! そう、きょうなんだけど、ちがうんだって、ここじゃないんだ……」

“Yes, yes! It is the right day, but this is not the place.”

ぼくは、かべのほうへあるいていった。けれど、なにも見えないし、なにもきこえない。それでも、王子くんはまたことばをかえしていた。

I continued my walk toward the wall. At no time did I see or hear anyone. The little prince, however, replied once again:

「……そうだよ。さばくについた、ぼくの足あとが、どこからはじまってるかわかるでしょ。きみはまつだけでいいの。ぼくは、きょうの夜、そこにいるから。」

“ — Exactly. You will see where my track begins, in the sand. You have nothing to do but wait for me there. I shall be there tonight.”

ぼくは、かべから20メートルのところまできたけど、まだなにも見えない。

I was only twenty meters from the wall, and I still saw nothing.

王子くんは、だんまりしたあと、もういちどいった。

After a silence the little prince spoke again:

「きみのどくは、だいじょうぶなの? ほんとに、じわじわくるしまなくてもいいんだよね?」

“You have good poison? You are sure that it will not make me suffer too long?”

ぼくは心がくるしくなって、たちどまったけれど、どうしてなのか、やっぱりわからなかった。

I stopped in my tracks, my heart torn asunder; but still I did not understand.

「とにかく、もう行ってよ。」と、その子はいった。「……ぼくは下りたいんだ!」

“Now go away,” said the little prince. “I want to get down from the wall.”

そのとき、ぼくは気になって、かべの下のあたりをのぞきこんでみた。ぼくは、とびあがった。なんと、そこにいたのは、王子くんのほうへシャーっとかまえている、きいろいヘビが1ぴき。ひとを30びょうでころしてしまうやつだ。

I dropped my eyes, then, to the foot of the wall — and I leaped into the air. There before me, facing the little prince, was one of those yellow snakes that take just thirty seconds to bring your life to an end.

ぼくはピストルをうとうと、けんめいにポケットのなかをさぐりながら、かけ足でむかった。だけど、ぼくのたてた音に気づいて、ヘビはすなのなかへ、ふんすいがやむみたいに、しゅるしゅるとひっこんでしまった。それからは、いそぐようでもなく、石のあいだをカシャカシャとかるい音をたてながら、すりぬけていった。

Even as I was digging into my pocked to get out my revolver I made a running step back. But, at the noise I made, the snake let himself flow easily across the sand like the dying spray of a fountain, and, in no apparent hurry, disappeared, with a light metallic sound, among the stones.

ぼくは、なんとかかべまでいって、かろうじてその子をうけとめた。ぼくのぼうや、ぼくの王子くん。かおが、雪のように青白い。

I reached the wall just in time to catch my little man in my arms; his face was white as snow.

「いったいどういうこと! さっき、きみ、ヘビとしゃべってたよね!」

“What does this mean?” I demanded. “Why are you talking with snakes?”

ぼくは、その子のいつもつけているマフラーをほどいた。こめかみをしめらせ、水をのませた。とにかく、ぼくはもうなにもきけなかった。その子は、おもいつめたようすで、ぼくのことをじっと見て、ぼくのくびにすがりついた。その子のしんぞうのどきどきがつたわってくる。てっぽうにうたれて死んでゆく鳥みたいに、よわよわしい。その子はいう。

I had loosened the golden muffler that he always wore. I had moistened his temples, and had given him some water to drink. And now I did not dare ask him any more questions. He looked at me very gravely, and put his arms around my neck. I felt his heart beating like the heart of a dying bird, shot with someone’s rifle…

「うれしいよ、きみは、じぶんのからくりにたりないものを見つけたんだね。もう、きみんちにかえってゆけるね……」

“I am glad that you have found what was the matter with your engine,” he said. “Now you can go back home — ”

「どうして、わかるの?」

“How do you know about that?”

ぼくは、ちょうど知らせにくるところだった。かんがえてたよりも、やるべきことがうまくいったんだ、って。

I was just coming to tell him that my work had been successful, beyond anything that I had dared to hope.

その子は、ぼくのきいたことにはこたえなかったけど、こうつづけたんだ。

He made no answer to my question, but he added:

「ぼくもね、きょう、ぼくんちにかえるんだ……」

“I, too, am going back home today…”

それから、さみしそうに、

Then, sadly —

「はるかにずっととおいところ……はるかにずっとむずかしいけど……」

“It is much farther… It is much more difficult…”

ぼくは、ひしひしとかんじた。なにか、とんでもないことがおころうとしている。ぼくは、その子をぎゅっとだきしめた。ちいさな子どもにするみたいに。なのに、それなのに、ぼくには、その子がするっとぬけでて、穴におちてしまうような気がした。ぼくには、それをとめる力もない……

I realized clearly that something extraordinary was happening. I was holding him close in my arms as if he were a little child; and yet it seemed to me that he was rushing headlong toward an abyss from which I could do nothing to restrain him…

その子は、とおい目で、なにかをちゃんと見ていた。

His look was very serious, like some one lost far away.

「きみのヒツジがあるし、ヒツジのためのはこもあるし、くちわもある……」

“I have your sheep. And I have the sheep’s box. And I have the muzzle…”

そういって、その子は、さみしそうにほほえんだ。

And he gave me a sad smile.

ぼくは、ただじっとしていた。その子のからだが、ちょっとずつほてっていくのがわかった。

I waited a long time. I could see that he was reviving little by little.

「ぼうや、こわいんだね……」

“Dear little man,” I said to him, “you are afraid…”

こわいのは、あたりまえなのに! でも、その子は、そっとわらって、

He was afraid, there was no doubt about that. But he laughed lightly.

「夜になれば、はるかにずっとこわくなる……」

“I shall be much more afraid this evening…”

もうどうしようもないんだっておもうと、ぼくはまた、ぞっとした。ぼくは、このわらいごえが、もうぜったいにきけないなんて、どうしても、うけいれることができなかった。このわらいごえが、ぼくにとって、さばくのなかの水くみ場のようなものだったんだ。

Once again I felt myself frozen by the sense of something irreparable. And I knew that I could not bear the thought of never hearing that laughter any more. For me, it was like a spring of fresh water in the desert.