あのときの王子くん / The Little Prince — w językach japońskim i angielskim

Japońsko-angielska dwujęzyczna książka

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

あのときの王子くん

Antoine de Saint-Exupery

The Little Prince

大久保ゆう訳

レオン・ウェルトに

TO LEON WERTH

子どものみなさん、ゆるしてください。ぼくはこの本をひとりのおとなのひとにささげます。でもちゃんとしたわけがあるのです。そのおとなのひとは、ぼくのせかいでいちばんの友だちなんです。それにそのひとはなんでもわかるひとで、子どもの本もわかります。しかも、そのひとはいまフランスにいて、さむいなか、おなかをへらしてくるしんでいます。心のささえがいるのです。

I ask the indulgence of the children who may read this book for dedicating it to a grown-up. I have a serious reason: he is the best friend I have in the world. I have another reason: this grown-up understands everything, even books about children. I have a third reason: he lives in France where he is hungry and cold. He needs cheering up.

まだいいわけがほしいのなら、このひともまえは子どもだったので、ぼくはその子どもにこの本をささげることにします。おとなはだれでも、もとは子どもですよね。(みんな、そのことをわすれますけど。)じゃあ、ささげるひとをこう書きなおしましょう。

If all these reasons are not enough, I will dedicate the book to the child from whom this grown-up grew. All grown-ups were once children — although few of them remember it. And so I correct my dedication:

(かわいい少年だったころの)
レオン・ウェルトに

TO LEON WERTH WHEN HE WAS A LITTLE BOY.

I

ぼくが6つのとき、よんだ本にすばらしい絵があった。『ぜんぶほんとのはなし』という名まえの、しぜんのままの森について書かれた本で、そこに、ボアという大きなヘビがケモノをまるのみしようとするところがえがかれていたんだ。だいたいこういう絵だった。

Once when I was six years old I saw a magnificent picture in a book, called True Stories from Nature, about the primeval forest. It was a picture of a boa constrictor in the act of swallowing an animal. Here is a copy of the drawing.

「ボアというヘビは、えものをかまずにまるのみします。そのあとはじっとおやすみして、6か月かけて、おなかのなかでとかします。」と本には書かれていた。

In the book it said: “Boa constrictors swallow their prey whole, without chewing it. After that they are not able to move, and they sleep through the six months that they need for digestion.”

そこでぼくは、ジャングルではこんなこともおこるんじゃないか、とわくわくして、いろいろかんがえてみた。それから色えんぴつで、じぶんなりの絵をはじめてかいてやった。さくひんばんごう1。それはこんなかんじ。

I pondered deeply, then, over the adventures of the jungle. And after some work with a colored pencil I succeeded in making my first drawing. My Drawing Number One. It looked something like this:

ぼくはこのけっさくをおとなのひとに見せて、こわいでしょ、ときいてまわった。

I showed my masterpiece to the grown-ups, and asked them whether the drawing frightened them.

でもみんな、「どうして、ぼうしがこわいの?」っていうんだ。

But they answered: “Frighten? Why should any one be frightened by a hat?”

この絵は、ぼうしなんかじゃなかった。ボアがゾウをおなかのなかでとかしている絵だった。だから、ぼくはボアのなかみをかいて、おとなのひとにもうまくわかるようにした。あのひとたちは、いつもはっきりしてないとだめなんだ。さくひんばんごう2はこんなかんじ。

My drawing was not a picture of a hat. It was a picture of a boa constrictor digesting an elephant. But since the grown-ups were not able to understand it, I made another drawing: I drew the inside of a boa constrictor, so that the grown-ups could see it clearly. They always need to have things explained. My Drawing Number Two looked like this:

おとなのひとは、ボアの絵なんてなかが見えても見えなくてもどうでもいい、とにかく、ちりやれきし、さんすうやこくごのべんきょうをしなさいと、ぼくにいいつけた。というわけで、ぼくは6さいで絵かきになるゆめをあきらめた。

The grown-ups’ response, this time, was to advise me to lay aside my drawings of boa constrictors, whether from the inside or the outside, and devote myself instead to geography, history, arithmetic, and grammar. That is why, at the age of six, I gave up what might have been a magnificent career as a painter.

さくひんばんごう1と2がだめだったから、めげてしまったんだ。おとなのひとはじぶんではまったくなんにもわからないから、子どもはくたびれてしまう。いつもいつもはっきりさせなきゃいけなくて。

I had been disheartened by the failure of my Drawing Number One and my Drawing Number Two. Grown-ups never understand anything by themselves, and it is tiresome for children to be always and forever explaining things to them.

それでぼくはしぶしぶべつのしごとにきめて、ひこうきのそうじゅうをおぼえた。せかいじゅうをちょっととびまわった。ちりをべんきょうして、ほんとやくに立った。

So then I chose another profession, and learned to pilot airplanes. I have flown a little over all parts of the world; and it is true that geography has been very useful to me.

ひとめで中国なのかアリゾナなのかがわかるから、夜なかにとんでまよっても、かなりたすかるってもんだ。

At a glance I can distinguish China from Arizona. If one gets lost in the night, such knowledge is valuable.

こうしてぼくは生きてきて、ちゃんとしたひとたちともおおぜいであってきた。おとなのひとのなかでくらしてきた。ちかくでも見られた。でもそれでなにかいいことがわかったわけでもなかった。

In the course of this life I have had a great many encounters with a great many people who have been concerned with matters of consequence. I have lived a great deal among grown-ups. I have seen them intimately, close at hand. And that hasn’t much improved my opinion of them.

すこしかしこそうなひとを見つけると、ぼくはいつも、とっておきのさくひんばんごう1を見せてみることにしていた。ほんとうのことがわかるひとなのか知りたかったから。

Whenever I met one of them who seemed to me at all clear-sighted, I tried the experiment of showing him my Drawing Number One, which I have always kept. I would try to find out, so, if this was a person of true understanding.

でもかえってくるのは、きまって「ぼうしだね。」って。

But, whoever it was, he, or she, would always say: “That is a hat.”

そういうひとには、ボアのことも、しぜんの森のことも、星のこともしゃべらない。むこうに合わせて、トランプやゴルフ、せいじやネクタイのことをしゃべる。するとおとなのひとは、ものごとがはっきりわかっているひととおちかづきになれて、とてもうれしそうだった。

Then I would never talk to that person about boa constrictors, or primeval forests, or stars. I would bring myself down to his level. I would talk to him about bridge, and golf, and politics, and neckties. And the grown-up would be greatly pleased to have met such a sensible man.

II

それまで、ぼくはずっとひとりぼっちだった。だれともうちとけられないまま、6年まえ、ちょっとおかしくなって、サハラさばくに下りた。

So I lived my life alone, without anyone that I could really talk to, until I had an accident with my plane in the Desert of Sahara, six years ago.

ぼくのエンジンのなかで、なにかがこわれていた。ぼくには、みてくれるひとも、おきゃくさんもいなかったから、なおすのはむずかしいけど、ぜんぶひとりでなんとかやってみることにした。

Something was broken in my engine. And as I had with me neither a mechanic nor any passengers, I set myself to attempt the difficult repairs all alone.

それでぼくのいのちがきまってしまう。のみ水は、たった7日ぶんしかなかった。

It was a question of life or death for me: I had scarcely enough drinking water to last a week.

1日めの夜、ぼくはすなの上でねむった。ひとのすむところは、はるかかなただった。海のどまんなか、いかだでさまよっているひとよりも、もっとひとりぼっち。

The first night, then, I went to sleep on the sand, a thousand miles from any human habitation. I was more isolated than a shipwrecked sailor on a raft in the middle of the ocean.

だから、ぼくがびっくりしたのも、みんなわかってくれるとおもう。じつは、あさ日がのぼるころ、ぼくは、ふしぎなかわいいこえでおこされたんだ。

Thus you can imagine my amazement, at sunrise, when I was awakened by an odd little voice. It said:

「ごめんください……ヒツジの絵をかいて!」

“If you please — draw me a sheep!”

「えっ?」

“What!”

「ぼくにヒツジの絵をかいて……」

“Draw me a sheep!”

かみなりにうたれたみたいに、ぼくはとびおきた。目をごしごしこすって、ぱっちりあけた。すると、へんてこりんなおとこの子がひとり、おもいつめたようすで、ぼくのことをじっと見ていた。

I jumped to my feet, completely thunderstruck. I blinked my eyes hard. I looked carefully all around me. And I saw a most extraordinary small person, who stood there examining me with great seriousness.

あとになって、この子のすがたを、わりとうまく絵にかいてみた。

Here you may see the best portrait that, later, I was able to make of him.

でもきっとぼくの絵は、ほんもののみりょくにはかなわない。ぼくがわるいんじゃない。六さいのとき、おとなのせいで絵かきのゆめをあきらめちゃったから、それからずっと絵にふれたことがないんだ。なかの見えないボアの絵と、なかの見えるボアの絵があるだけ。

But my drawing is certainly very much less charming than its model. That, however, is not my fault. The grown-ups discouraged me in my painter’s career when I was six years old, and I never learned to draw anything, except boas from the outside and boas from the inside.

それはともかく、いきなりひとが出てきて、ぼくは目をまるくした。なにせひとのすむところのはるかかなたにいたんだから。でも、おとこの子はみちをさがしているようには見えなかった。

Now I stared at this sudden apparition with my eyes fairly starting out of my head in astonishment. Remember, I had crashed in the desert a thousand miles from any inhabited region. And yet my little man seemed neither to be straying uncertainly among the sands, nor to be fainting from fatigue or hunger or thirst or fear.

へとへとにも、はらぺこにも、のどがからからにも、びくびくしているようにも見えなかった。ひとのすむところのはるかかなた、さばくのどまんなかで、まい子になっている、そんなかんじはどこにもなかった。
やっとのことで、ぼくはその子にこえをかけた。

Nothing about him gave any suggestion of a child lost in the middle of the desert, a thousand miles from any human habitation. When at last I was able to speak, I said to him:

「えっと……ここでなにをしてるの?」

“But — what are you doing here?”

すると、その子はちゃんとつたえようと、ゆっくりとくりかえした。

And in answer he repeated, very slowly, as if he were speaking of a matter of great consequence:

「ごめんください……ヒツジの絵をかいて……」

“If you please — draw me a sheep…”

ものすごくふしぎなのに、だからやってしまうことってある。それでなんだかよくわからないけど、ひとのすむところのはるかかなたで死ぬかもしれないのに、ぼくはポケットから1まいのかみとペンをとりだした。

When a mystery is too overpowering, one dare not disobey. Absurd as it might seem to me, a thousand miles from any human habitation and in danger of death, I took out of my pocket a sheet of paper and my fountain-pen.

でもそういえば、ぼくはちりやれきし、さんすうやこくごぐらいしかならっていないわけなので、ぼくはそのおとこの子に(ちょっとしょんぼりしながら)絵ごころがないんだ、というと、その子はこうこたえた。

But then I remembered how my studies had been concentrated on geography, history, arithmetic and grammar, and I told the little chap (a little crossly, too) that I did not know how to draw. He answered me:

「だいじょうぶ。ぼくにヒツジの絵をかいて。」

“That doesn’t matter. Draw me a sheep…”

ヒツジをかいたことがなかったから、やっぱり、ぼくのかけるふたつの絵のうち、ひとつをその子にかいてみせた。なかの見えないボアだった。そのあと、おとこの子のことばをきいて、ぼくはほんとうにびっくりした。

But I had never drawn a sheep. So I drew for him one of the two pictures I had drawn so often. It was that of the boa constrictor from the outside. And I was astounded to hear the little fellow greet it with:

「ちがうよ! ボアのなかのゾウなんてほしくない。ボアはとってもあぶないし、ゾウなんてでっかくてじゃまだよ。ぼくんち、すごくちいさいんだ。ヒツジがいい。ぼくにヒツジをかいて。」

“No, no, no! I do not want an elephant inside a boa constrictor. A boa constrictor is a very dangerous creature, and an elephant is very cumbersome. Where I live, everything is very small. What I need is a sheep. Draw me a sheep.”

なので、ぼくはかいた。

So then I made a drawing.

それで、その子は絵をじっとみつめた。

He looked at it carefully, then he said:

「ちがう! これもう、びょうきじゃないの。もういっかい。」

“No. This sheep is already very sickly. Make me another.”

ぼくはかいてみた。

So I made another drawing.

ぼうやは、しょうがないなあというふうにわらった。

My friend smiled gently and indulgently.

「見てよ……これ、ヒツジじゃない。オヒツジだ。ツノがあるもん……」

“You see yourself,” he said, “that this is not a sheep. This is a ram. It has horns.”

ぼくはまた絵をかきなおした。

So then I did my drawing over once more.

だけど、まえのとおなじで、だめだといわれた。

But it was rejected too, just like the others.

「これ、よぼよぼだよ。ほしいのは長生きするヒツジ。」

“This one is too old. I want a sheep that will live a long time.”

もうがまんできなかった。はやくエンジンをばらばらにしていきたかったから、さっとこういう絵をかいた。

By this time my patience was exhausted, because I was in a hurry to start taking my engine apart. So I tossed off this drawing.

ぼくはいってやった。

And I threw out an explanation with it.

「ハコ、ね。きみのほしいヒツジはこのなか。」

“This is only his box. The sheep you asked for is inside.”

ところがなんと、この絵を見て、ぼくのちいさなしんさいんくんは目をきらきらさせたんだ。

I was very surprised to see a light break over the face of my young judge:

「そう、ぼくはこういうのがほしかったんだ! このヒツジ、草いっぱいいるかなあ?」

“That is exactly the way I wanted it! Do you think that this sheep will have to have a great deal of grass?”

「なんで?」

“Why?”

「だって、ぼくんち、すごくちいさいんだもん……」

“Because where I live everything is very small…”

「きっとへいきだよ。あげたのは、すごくちいさなヒツジだから。」

“There will surely be enough grass for him,” I said. “It is a very small sheep that I have given you.”

その子は、かおを絵にちかづけた。
「そんなにちいさくないよ……あ! ねむっちゃった……」

He bent his head over the drawing.
“Not so small that — Look! He has gone to sleep…”

ぼくがあのときの王子くんとであったのは、こういうわけなんだ。

And that is how I made the acquaintance of the little prince.

III

その子がどこから来たのか、なかなかわからなかった。まさに気ままな王子くん、たくさんものをきいてくるわりには、こっちのことにはちっとも耳をかさない。

It took me a long time to learn where he came from. The little prince, who asked me so many questions, never seemed to hear the ones I asked him.

たまたま口からでたことばから、ちょっとずつ見えてきたんだ。たとえば、ぼくのひこうきをはじめて目にしたとき(ちなみにぼくのひこうきの絵はかかない、ややこしすぎるから)、その子はこうきいてきた。

It was from words dropped by chance that, little by little, everything was revealed to me. The first time he saw my airplane, for instance (I shall not draw my airplane; that would be much too complicated for me), he asked me:

「このおきもの、なに?」

“What is that object?”

「これはおきものじゃない。とぶんだ。ひこうきだよ。ぼくのひこうき。」

“That is not an object. It flies. It is an airplane. It is my airplane.”

ぼくはとぶ、これがいえて、かなりとくいげだった。すると、その子は大きなこえでいった。

And I was proud to have him learn that I could fly. He cried out, then:

「へえ! きみ、空からおっこちたんだ!」

“What! You dropped down from the sky?”

「うん。」と、ぼくはばつがわるそうにいった。

“Yes,” I answered, modestly.

「ぷっ! へんなの……!」

“Oh! That is funny!”

この気まま王子があまりにからからとわらうので、ぼくはほんとにむかついた。ひどい目にあったんだから、ちゃんとしたあつかいをされたかった。それから、その子はこうつづけた。

And the little prince broke into a lovely peal of laughter, which irritated me very much. I like my misfortunes to be taken seriously. Then he added:

「なあんだ、きみも空から来たんだ! どの星にいるの?」

“So you, too, come from the sky! Which is your planet?”

ふと、その子のひみつにふれたような気がして、ぼくはとっさにききかえした。

At that moment I caught a gleam of light in the impenetrable mystery of his presence; and I demanded, abruptly:

「それって、きみはどこかべつの星から来たってこと?」

“Do you come from another planet?”

でも、その子はこたえなかった。ぼくのひこうきを見ながら、そっとくびをふった。

But he did not reply. He tossed his head gently, without taking his eyes from my plane:

「うーん、これだと、あんまりとおくからは来てないか……」

“It is true that on that you can’t have come from very far away…”

その子はしばらくひとりで、あれこれとぼんやりかんがえていた。そのあとポケットからぼくのヒツジをとりだして、そのたからものをくいいるようにじっと見つめた。

And he sank into a reverie, which lasted a long time. Then, taking my sheep out of his pocket, he buried himself in the contemplation of his treasure.

みんなわかってくれるとおもうけど、その子がちょっとにおわせた〈べつの星〉のことが、ぼくはすごく気になった。もっとくわしく知ろうとおもった。

You can imagine how my curiosity was aroused by this half-confidence about the “other planets.” I made a great effort, therefore, to find out more on this subject.

「ぼうやはどこから来たの? 〈ぼくんち〉ってどこ? ヒツジをどこにもっていくの?」

“My little man, where do you come from? What is this ‘where I live,’ of which you speak? Where do you want to take your sheep?”

その子はこたえにつまって、ぼくにこういうことをいった。

After a reflective silence he answered:

「よかった、きみがハコをくれて。よる、おうちがわりになるよね。」

“The thing that is so good about the box you have given me is that at night he can use it as his house.”

「そうだね。かわいがるんなら、ひるま、つないでおくためのロープをあげるよ。それと、ながいぼうも。」

“That is so. And if you are good I will give you a string, too, so that you can tie him during the day, and a post to tie him to.”

でもこのおせっかいは、王子くんのお気にめさなかったみたいだ。

But the little prince seemed shocked by this offer:

「つなぐ? そんなの、へんなかんがえ!」

“Tie him! What a queer idea!”

「でもつないでおかないと、どこかに行っちゃって、なくしちゃうよ。」

“But if you don’t tie him,” I said, “he will wander off somewhere, and get lost.”

このぼうやは、またからからとわらいだした。

My friend broke into another peal of laughter:

「でも、どこへ行くっていうの!」

“But where do you think he would go?”

「どこへでも。まっすぐまえとか……」

“Anywhere. Straight ahead of him.”

すると、こんどはこの王子くん、おもいつめたようすで、こうおっしゃる。

Then the little prince said, earnestly:

「だいじょうぶ、ものすごおくちいさいから、ぼくんち。」

“That doesn’t matter. Where I live, everything is so small!”

それから、ちょっとさみしそうに、こういいそえた。

And, with perhaps a hint of sadness, he added:

「まっすぐまえにすすんでも、あんまりとおくへは行けない……」

“Straight ahead of him, nobody can go very far…”