あのときの王子くん / The Little Prince — czytaj online. Strona 6

Japońsko-angielska dwujęzyczna książka

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

あのときの王子くん

Antoine de Saint-Exupery

The Little Prince

「火山がきえてようと、目ざめてようと、わしらにとっては、おなじこと。」と、はかせはいった。「わしらにだいじなのは、山そのものだけじゃ。うごかんからな。」

“Whether volcanoes are extinct or alive, it comes to the same thing for us,” said the geographer. “The thing that matters to us is the mountain. It does not change.”

「でも、その〈はかない〉ってなに?」また王子くんはいった。なにがあっても、いちどしつもんをはじめたら、ぜったいにやめない。

“But what does that mean — ‘ephemeral’?” repeated the little prince, who never in his life had let go of a question, once he had asked it.

「それは、〈すぐにきえるおそれがある〉ということじゃ。」

“It means, ‘which is in danger of speedy disappearance.’”

「ぼくの花は、すぐにきえるおそれがあるの?」

“Is my flower in danger of speedy disappearance?”

「むろんじゃ。」

“Certainly it is.”

『ぼくの花は、はかない。』と王子くんはおもった。『それに、まわりからじぶんをまもるのは、よっつのトゲだけ! それに、ぼくは、ぼくんちに、たったひとつおきざりにしてきたんだ!』

“My flower is ephemeral,” the little prince said to himself, “and she has only four thorns to defend herself against the world. And I have left her on my planet, all alone!”

その子は、ふいに、やめておけばよかった、とおもった。でも、気をとりなおして、

That was his first moment of regret. But he took courage once more.

「これから行くのに、おすすめの星はありませんか?」と、その子はたずねた。

“What place would you advise me to visit now?” he asked.

「ちきゅうという星じゃ。」と、はかせはこたえた。「いいところだときいておる……」

“The planet Earth,” replied the geographer. “It has a good reputation.”

そうして、王子くんは、そこをあとにした。じぶんの花のことを、おもいつつ。

And the little prince went away, thinking of his flower.

16

XVI

そんなわけで、ななつめの星は、ちきゅうだった。

So then the seventh planet was the Earth.

このちきゅうというのは、どこにでもある星なんかじゃない! かぞえてみると、王さまが(もちろん黒いかおの王さまも入れて)111にん、ちりのはかせが7000にん、しごとにんげんが90まんにん、のんだくれが750まんにん、みえっぱりが3おく1100まんにんで、あわせてだいたい20おくのおとなのひとがいる。

The Earth is not just an ordinary planet! One can count, there, 111 kings (not forgetting, to be sure, the Negro kings among them), 7000 geographers, 900,000 businessmen, 7,500,000 tipplers, 311,000,000 conceited men — that is to say, about 2,000,000,000 grown-ups.

ちきゅうの大きさをわかりやすくする、こんな話がある。電気でんきがつかわれるまでは、むっつの大りくひっくるめて、なんと46まん2511にんもの、おおぜいのあかりつけがいなきゃならなかった。

To give you an idea of the size of the Earth, I will tell you that before the invention of electricity it was necessary to maintain, over the whole of the six continents, a veritable army of 462,511 lamplighters for the street lamps.

とおくからながめると、たいへん見ものだ。このおおぜいのうごきは、バレエのダンサーみたいに、きちっきちっとしていた。

Seen from a slight distance, that would make a splendid spectacle. The movements of this army would be regulated like those of the ballet in the opera.

まずはニュージーランドとオーストラリアのあかりつけの出ばんが来る。そこでじぶんのランプをつけると、このひとたちはねむりにつく。するとつぎは中国とシベリアのばんが来て、このうごきにくわわって、おわると、うらにひっこむ。

First would come the turn of the lamplighters of New Zealand and Australia. Having set their lamps alight, these would go off to sleep. Next, the lamplighters of China and Siberia would enter for their steps in the dance, and then they too would be waved back into the wings.

それからロシアとインドのあかりつけのばんになる。つぎはアフリカとヨーロッパ。それから南アメリカ、それから北アメリカ。

After that would come the turn of the lamplighters of Russia and the Indies; then those of Africa and Europe; then those of South America; then those of South America; then those of North America.

しかも、このひとたちは、じぶんの出るじゅんを、ぜったいまちがえない。

And never would they make a mistake in the order of their entry upon the stage. It would be magnificent.

でも、北きょくにひとつだけ、南きょくにもひとつだけ、あかりがあるんだけど、そこのふたりのあかりつけは、のんべんだらりとしたまいにちをおくっていた。だって、1年に2回はたらくだけでいいんだから。

Only the man who was in charge of the single lamp at the North Pole, and his colleague who was responsible for the single lamp at the South Pole — only these two would live free from toil and care: they would be busy twice a year.

17

ХVII

うまくいおうとして、ちょっとウソをついてしまうってことがある。あかりつけのことも、ぜんぶありのままってわけじゃないんだ。そのせいで、なにも知らないひとに、ぼくらの星のことをへんにおしえてしまったかもしれない。ちきゅうのほんのちょっとしか、にんげんのものじゃない。

When one wishes to play the wit, he sometimes wanders a little from the truth. I have not been altogether honest in what I have told you about the lamplighters. And I realize that I run the risk of giving a false idea of our planet to those who do not know it. Men occupy a very small place upon the Earth.

ちきゅうにすんでる20おくのひとに、まっすぐ立ってもらって、集会しゅうかいみたいによりあつまってもらったら、わけもなく、たて30キロよこ30キロのひろばにおさまってしまう。太平洋たいへんようでいちばんちっちゃい島にだって、入ってしまうかずだ。

If the two billion inhabitants who people its surface were all to stand upright and somewhat crowded together, as they do for some big public assembly, they could easily be put into one public square twenty miles long and twenty miles wide. All humanity could be piled up on a small Pacific islet.

でも、おとなのひとにこんなことをいっても、やっぱりしんじない。いろんなところが、じぶんたちのものだっておもいたいんだ。じぶんたちはバオバブくらいでっかいものなんだって、かんがえてる。だから、そのひとたちに、「かぞえてみてよ」って、いってごらん。すうじが大すきだから、きっとうれしがる。でも、みんなはそんなつまらないことで、じかんをつぶさないように。くだらない。みんな、ぼくをしんじて。

The grown-ups, to be sure, will not believe you when you tell them that. They imagine that they fill a great deal of space. They fancy themselves as important as the baobabs. You should advise them, then, to make their own calculations. They adore figures, and that will please them. But do not waste your time on this extra task. It is unnecessary. You have, I know, confidence in me.

王子くんはちきゅうについたんだけど、そのとき、ひとのすがたがどこにもなくて、びっくりした。それでもう、星をまちがえたのかなって、あせってきた。すると、すなのなかで、月の色した輪っかが、もぞもぞうごいた。

When the little prince arrived on the Earth, he was very much surprised not to see any people. He was beginning to be afraid he had come to the wrong planet, when a coil of gold, the color of the moonlight, flashed across the sand.

「こんばんは。」と王子くんがとりあえずいってみると、

“Good evening,” said the little prince courteously.

「こんばんは。」とヘビがいった。

“Good evening,” said the snake.

「ぼく、どの星におっこちたの?」と王子くんがきくと、

“What planet is this on which I have come down?” asked the little prince.

「ちきゅうの、アフリカ。」とヘビがこたえた。

“This is the Earth; this is Africa,” the snake answered.

「えっ、まさか、ちきゅうにはひとがいないの?」

“Ah! Then there are no people on the Earth?”

「ここは、さばく。さばくに、ひとはいない。ちきゅうは、ひろい。」とヘビはいった。

“This is the desert. There are no people in the desert. The Earth is large,” said the snake.

王子くんは石ころにすわって、目を空のほうへやった。

The little prince sat down on a stone, and raised his eyes toward the sky.

「星がきらきらしてるのは、みんなが、ふとしたときに、じぶんの星を見つけられるようにするためなのかな。ほら、ぼくの星! まうえにあるやつ……でも、ほんとにとおいなあ!」

“I wonder,” he said, “whether the stars are set alight in heaven so that one day each one of us may find his own again… Look at my planet. It is right there above us. But how far away it is!”

「きれいだ。」とヘビはいう。「ここへ、なにしに?」

“It is beautiful,” the snake said. “What has brought you here?”

「花とうまくいってなくて。」と王子くんはいった。

“I have been having some trouble with a flower,” said the little prince.

「ふうん。」とヘビはいった。

“Ah!” said the snake.

それで、ふたりはだんまり。

And they were both silent.

「ひとはどこにいるの?」と、しばらくしてから王子くんがきいた。「さばくだと、ちょっとひとりぼっちだし。」

“Where are the men?” the little prince at last took up the conversation again. “It is a little lonely in the desert…”

「ひとのなかでも、ひとりぼっちだ。」とヘビはいった。

“It is also lonely among men,” the snake said.

王子くんは、ヘビをじっと見つめた。

The little prince gazed at him for a long time.

「きみって、へんないきものだね。」と、しばらくしてから王子くんがいった。「ゆびみたいに、ほっそりしてる……」

“You are a funny animal,” he said at last. “You are no thicker than a finger…”

「でもおれは、王さまのゆびより、つよい。」とヘビはいった。

“But I am more powerful than the finger of a king,” said the snake.

王子くんはにっこりした。

The little prince smiled.

「きみ、そんなにつよくないよ……手も足もなくて……たびだって、できないよ……」

“You are not very powerful. You haven’t even any feet. You cannot even travel…”

「おれは船よりも、ずっととおくへ、きみをつれてゆける。」とヘビはいった。

“I can carry you farther than any ship could take you,” said the snake.

ヘビは王子くんのくるぶしに、ぐるりとまきついた。金のうでわみたいに。

He twined himself around the little prince’s ankle, like a golden bracelet.

「おれがついたものは、もといた土にかえる。」と、ことばをつづける。「でも、きみはけがれていない。それに、きみは星から来た……」

“Whomever I touch, I send back to the earth from whence he came,” the snake spoke again. “But you are innocent and true, and you come from a star…”

王子くんは、なにもへんじをしなかった。

The little prince made no reply.

「きみを見てると、かわいそうになる。このかたい岩でできたちきゅうの上で、力もないきみ。おれなら、たすけになれる。じぶんの星がなつかしくなったら、いつでも。あと……」

“You move me to pity — you are so weak on this Earth made of granite,” the snake said. “I can help you, some day, if you grow too homesick for your own planet. I can — ”

「もう! わかったよ。」と王子くんはいった。「でも、なんでずっと、それとなくいうわけ?」

“Oh! I understand you very well,” said the little prince. “But why do you always speak in riddles?”

「おれそのものが、それのこたえだ。」とヘビはいった。

“I solve them all,” said the snake.

それで、ふたりはだんまり。

And they were both silent.

18

XVIII

王子くんは、さばくをわたったけど、たった1りんの花に出くわしただけだった。花びらがみっつだけの花で、なんのとりえもない花……

The little prince crossed the desert and met with only one flower. It was a flower with three petals, a flower of no account at all.

「こんにちは。」と王子くんがいうと、

“Good morning,” said the little prince.

「こんにちは。」と花がいった。

“Good morning,” said the flower.

「ひとはどこにいますか?」と、王子くんはていねいにたずねた。

“Where are the men?” the little prince asked, politely.

花は、いつだか、ぎょうれつがとおるのを見たことがあった。

The flower had once seen a caravan passing.

「ひと? いるとおもう。6にんか7にん。なん年かまえに見かけたから。でも、どこであえるか、ぜんぜんわかんない。風まかせだもん。あのひとたち、根っこがないの。それってずいぶんふべんね。」

“Men?” she echoed. “I think there are six or seven of them in existence. I saw them, several years ago. But one never knows where to find them. The wind blows them away. They have no roots, and that makes their life very difficult.”

「さようなら。」と王子くんがいうと、

“Goodbye,” said the little prince.

「さようなら。」と花がいった。

“Goodbye,” said the flower.

19

XIX

王子くんは、たかい山にのぼった。それまでその子の知っていた山といえば、たけがひざまでしかない火山がみっつだけ。しかも、きえた火山はこしかけにつかっていたくらいだ。だから、その子はこんなふうにかんがえた。『こんなにたかい山からなら、ひと目で、この星ぜんたいと、ひとみんなを見とおせるはず……』でも、見えたのは、するどくとがった岩山ばかりだった。

After that, the little prince climbed a high mountain. The only mountains he had ever known were the three volcanoes, which came up to his knees. And he used the extinct volcano as a footstool. “From a mountain as high as this one,” he said to himself, “I shall be able to see the whole planet at one glance, and all the people…” But he saw nothing, save peaks of rock that were sharpened like needles.

「こんにちは。」と、その子がとりあえずいってみると、

“Good morning,” he said courteously.

「こんにちは……こんにちは……こんにちは……」と、やまびこがへんじをする。

“Good morning — Good morning — Good morning,” answered the echo.

「なんて名まえ?」と王子くんがいうと、

“Who are you?” said the little prince.

「なんて名まえ……なんて名まえ……なんて名まえ……」と、やまびこがへんじをする。

“Who are you — Who are you — Who are you?” answered the echo.

「友だちになってよ、ひとりぼっちなんだ。」と、その子がいうと、

“Be my friends. I am all alone,” he said.

「ひとりぼっち……ひとりぼっち……ひとりぼっち……」と、やまびこがへんじをする。

“I am all alone — all alone — all alone,” answered the echo.

『もう、へんな星!』と、その子はそのときおもった。『ここ、かさかさしてるし、とげとげしてるし、ひりひりする。

“What a queer planet!” he thought. “It is altogether dry, and altogether pointed, and altogether harsh and forbidding.

ひとって、おもいえがく力がないんじゃないの。だれかのいったことをくりかえす……ぼくんちにある花は、いっつもむこうからしゃべりかけてくるのに……』

And the people have no imagination. They repeat whatever one says to them… On my planet I had a flower; she always was the first to speak…”

20

ХX

さて、王子くんが、さばくを、岩山を、雪の上をこえて、ながながとあゆんでいくと、ようやく1本の道に行きついた。そして道をゆけば、すんなりひとのいるところへたどりつく。

ce at last came upon a road. And all roads lead to the abodes of men.

「こんにちは。」と、その子はいった。

“Good morning,” he said.

そこは、バラの花がさきそろう庭にわだった。

He was standing before a garden, all a-bloom with roses.

「こんにちは。」と、バラがいっせいにこたえた。

“Good morning,” said the roses.

王子くんは、たくさんのバラをながめた。みんな、その子の花にそっくりだった。

The little prince gazed at them. They all looked like his flower.

「きみたち、なんて名まえ?」と、王子くんはぽかんとしながら、きいた。

“Who are you?” he demanded, thunderstruck.

「わたしたち、バラっていうの。」と、バラがいっせいにこたえた。

“We are roses,” the roses said.

「えっ!」って、王子くんはいって……


そのあと、じぶんがみじめにおもえてきた。その子の花は、うちゅうにじぶんとおなじ花なんてないって、その子にしゃべっていた。それがどうだろう、このひとつの庭だけでも、にたようなものがぜんぶで、5000ある!

And he was overcome with sadness. His flower had told him that she was the only one of her kind in all the universe. And here were five thousand of them, all alike, in one single garden!

その子はおもった。『あの子、こんなのを見たら、すねちゃうだろうな……きっと、とんでもないほど、えへんえへんってやって、かれたふりして、バカにされないようにするだろうし、そうしたら、ぼくは、手あてをするふりをしなくちゃいけなくなる。だって、しなけりゃあの子、ぼくへのあてつけで、ほんとにじぶんをからしちゃうよ……』

“She would be very much annoyed,” he said to himself, “if she should see that… She would cough most dreadfully, and she would pretend that she was dying, to avoid being laughed at. And I should be obliged to pretend that I was nursing her back to life — for if I did not do that, to humble myself also, she would really allow herself to die…”

それからこうもかんがえた。『ひとつしかない花があるから、じぶんはぜいたくなんだとおもってた。でも、ほんとにあったのは、ありきたりのバラ。それと、ひざたけの火山みっつで、そのうちひとつは、たぶん、ずっときえたまま。これじゃあ、りっぱでえらいあるじにはなれない……』

Then he went on with his reflections: “I thought that I was rich, with a flower that was unique in all the world; and all I had was a common rose. A common rose, and three volcanoes that come up to my knees — and one of them perhaps extinct forever… That doesn’t make me a very great prince…”

そうして、草むらにつっぷして、なみだをながした。

And he lay down in the grass and cried.

21

XXI

キツネが出てきたのは、そのときだった。

It was then that the fox appeared.

「こんにちは。」とキツネがいった。

“Good morning,” said the fox.

「こんにちは。」と王子くんはていねいにへんじをして、ふりかえったけど、なんにもいなかった。

“Good morning,” the little prince responded politely, although when he turned around he saw nothing.

「ここだよ。」と、こえがきこえる。「リンゴの木の下……」

“I am right here,” the voice said, “under the apple tree.”

「きみ、だれ?」と王子くんはいった。「とってもかわいいね……」

“Who are you?” asked the little prince, and added, “You are very pretty to look at.”

「おいら、キツネ。」とキツネはこたえた。

“I am a fox,” the fox said.

「こっちにきて、いっしょにあそぼうよ。」と王子くんがさそった。「ぼく、ひどくせつないんだ……」

“Come and play with me,” proposed the little prince. “I am so unhappy.”

「いっしょにはあそべない。」とキツネはいった。「おいら、きみになつけられてないもん。」

“I cannot play with you,” the fox said. “I am not tamed.”

「あ! ごめん。」と王子くんはいった。

“Ah! Please excuse me,” said the little prince.