あのときの王子くん / The Little Prince — w językach japońskim i angielskim. Strona 4

Japońsko-angielska dwujęzyczna książka

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

あのときの王子くん

Antoine de Saint-Exupery

The Little Prince

「もし、しょうぐんに花から花へチョウチョみたいにとべ、であるとか、かなしい話を書け、であるとか、海鳥になれ、であるとかいいつけて、しょうぐんが、いわれたことをできなかったとしよう。なら、そいつか、この王か、どちらがまちがってると、そちはおもう?」

“If I ordered a general to fly from one flower to another like a butterfly, or to write a tragic drama, or to change himself into a sea bird, and if the general did not carry out the order that he had received, which one of us would be in the wrong?” the king demanded. “The general, or myself?”

「王さまのほうです。」と王子くんはきっぱりいった。

“You,” said the little prince firmly.

「そのとおり。それぞれには、それぞれのできることをまかせねばならぬ。ものごとがわかって、はじめて力がある。もし、こくみんに海へとびこめといいつけようものなら、国がひっくりかえる。そのようにせよ、といってもいいのは、そもそも、ものごとをわきまえて、いいつけるからである。」

“Exactly. One must require from each one the duty which each one can perform,” the king went on. “Accepted authority rests first of all on reason. If you ordered your people to go and throw themselves into the sea, they would rise up in revolution. I have the right to require obedience because my orders are reasonable.”

「じゃあ、ぼくの夕ぐれは?」と王子くんはせまった。なぜなら王子くん、いちどきいたことは、ぜったいにわすれない。

“Then my sunset?” the little prince reminded him: for he never forgot a question once he had asked it.

「そちの夕ぐれなら、見られるぞ。いいつけよう。だが、まとう。うまくおさめるためにも、いいころあいになるまでは。」

“You shall have your sunset. I shall command it. But, according to my science of government, I shall wait until conditions are favorable.”

「それはいつ?」と王子くんはたずねる。

“When will that be?” inquired the little prince.

「むむむ!」と王さまはいって、ぶあつい〈こよみ〉をしらべた。「むむむ! そうだな……だい……たい……ごご7じ40ぷんくらいである! さすれば、いうとおりになるのがわかるだろう。」

“Hum! Hum!” replied the king; and before saying anything else he consulted a bulky almanac. “Hum! Hum! That will be about — about — that will be this evening about twenty minutes to eight. And you will see how well I am obeyed!”

王子くんはあくびをした。夕ぐれにあえなくて、ざんねんだった。それに、ちょっともううんざりだった。

The little prince yawned. He was regretting his lost sunset. And then, too, he was already beginning to be a little bored.

「ここですることは、もうないから。」と王子くんは王さまにいった。「そろそろ行くよ!」

“I have nothing more to do here,” he said to the king. “So I shall set out on my way again.”

「行ってはならん。」と王さまはいった。けらいができて、それだけうれしかったんだ。「行ってはならん、そちを、だいじんにしてやるぞ!」

“Do not go,” said the king, who was very proud of having a subject. “Do not go. I will make you a Minister!”

「それで、なにをするの?」

“Minister of what?”

「む……ひとをさばくであるぞ!」

“Minster of — of Justice!”

「でも、さばくにしても、ひとがいないよ!」

“But there is nobody here to judge!”

「それはわからん。まだこの王国をぐるりとまわってみたことがない。年をとったし、大きな馬車ばしゃをおくばしょもない。あるいてまわるのは、くたびれるんでな。」

“We do not know that,” the king said to him. “I have not yet made a complete tour of my kingdom. I am very old. There is no room here for a carriage. And it tires me to walk.”

「ふうん! でもぼくはもう見たよ。」と、王子くんはかがんで、もういちど、ちらっと星のむこうがわを見た。「あっちには、ひとっこひとりいない……」

“Oh, but I have looked already!” said the little prince, turning around to give one more glance to the other side of the planet. On that side, as on this, there was nobody at all…

「なら、じぶんをさばくである。」と王さまはこたえた。「もっとむずかしいぞ。じぶんをさばくほうが、ひとをさばくよりも、はるかにむずかしい。うまくじぶんをさばくことができたなら、それは、しょうしんしょうめい、けんじゃのあかしだ。」

“Then you shall judge yourself,” the king answered. “that is the most difficult thing of all. It is much more difficult to judge oneself than to judge others. If you succeed in judging yourself rightly, then you are indeed a man of true wisdom.”

すると王子くんはいった。「ぼく、どこにいたって、じぶんをさばけます。ここにすむひつようはありません。」

“Yes,” said the little prince, “but I can judge myself anywhere. I do not need to live on this planet.”

「むむむ! たしか、この星のどこかに、よぼよぼのネズミが1ぴきおる。夜、もの音がするからな。そのよぼよぼのネズミをさばけばよい。ときどき、死けいにするんである。そうすれば、そのいのちは、そちのさばきしだいである。だが、いつもゆるしてやることだ、だいじにせねば。1ぴきしかおらんのだ。」

“Hum! Hum!” said the king. “I have good reason to believe that somewhere on my planet there is an old rat. I hear him at night. You can judge this old rat. From time to time you will condemn him to death. Thus his life will depend on your justice. But you will pardon him on each occasion; for he must be treated thriftily. He is the only one we have.”

また王子くんはへんじをする。「ぼく、死けいにするのきらいだし、もうさっさと行きたいんです。」

“I,” replied the little prince, “do not like to condemn anyone to death. And now I think I will go on my way.”

「ならん。」と王さまはいう。

“No,” said the king.

もう、王子くんはいつでも行けたんだけど、年よりの王さまをしょんぼりさせたくなかった。

But the little prince, having now completed his preparations for departure, had no wish to grieve the old monarch.

「もし、へいかが、いうとおりになるのをおのぞみなら、ものわかりのいいことを、いいつけられるはずです。いいつける、ほら、1ぷんいないにしゅっぱつせよ、とか。ぼくには、もう、いいころあいなんだとおもいます……」

“If Your Majesty wishes to be promptly obeyed,” he said, “he should be able to give me a reasonable order. He should be able, for example, to order me to be gone by the end of one minute. It seems to me that conditions are favorable…”

王さまはなにもいわなかった。王子くんはとりあえず、どうしようかとおもったけど、ためいきをついて、ついに星をあとにした……

As the king made no answer, the little prince hesitated a moment. Then, with a sigh, he took his leave.

「そちを、ほかの星へつかわせるぞ!」そのとき、王さまはあわてて、こういった。

“I make you my Ambassador,” the king called out, hastily.

まったくもってえらそうないいかただった。

He had a magnificent air of authority.

おとなのひとって、そうとうかわってるな、と王子くんは心のなかでおもいつつ、たびはつづく。

“The grown-ups are very strange,” the little prince said to himself, as he continued on his journey.

11

XI

ふたつめの星は、みえっぱりのすまいだった。

The second planet was inhabited by a conceited man.

「ふふん! ファンのおでましか!」王子くんが見えるなり、みえっぱりはとおくから大ごえをあげた。

“Ah! Ah! I am about to receive a visit from an admirer!” he exclaimed from afar, when he first saw the little prince coming.

というのも、みえっぱりにかかれば、だれもかれもみんなファンなんだ。

For, to conceited men, all other men are admirers.

「こんにちは。」と王子くんはいった。「へんなぼうしだね。」

“Good morning,” said the little prince. “That is a queer hat you are wearing.”

「あいさつできる。」と、みえっぱりはいう。「はくしゅされたら、これであいさつする。あいにく、ここをとおりすぎるひとなんていないわけだが。」

“It is a hat for salutes,” the conceited man replied. “It is to raise in salute when people acclaim me. Unfortunately, nobody at all ever passes this way.”

「うん?」王子くんは、なんのことかわからなかった。

“Yes?” said the little prince, who did not understand what the conceited man was talking about.

「りょう手で、ぱちぱちとやってみな。」と、みえっぱりはその子にすすめた。

“Clap your hands, one against the other,” the conceited man now directed him.

王子くんは、りょう手でぱちぱちとやった。みえっぱりは、ぼうしをちょっともち上げて、そっとあいさつをした。

The little prince clapped his hands. The conceited man raised his hat in a modest salute.

「王さまのところよりもたのしいな。」と王子くんは心のなかでおもった。だからもういちど、りょう手でぽちぱちとやった。みえっぱりも、ぼうしをちょっともち上げて、もういちどあいさつをした。

“This is more entertaining than the visit to the king,” the little prince said to himself. And he began again to clap his hands, one against the other. The conceited man again raised his hat in salute.

5ふんつづけてみたけど、おなじことばかりなので、王子くんはこのあそびにもあきてしまった。

After five minutes of this exercise the little prince grew tired of the game’s monotony.

「じゃあ、そのぼうしを下ろすには、どうしたらいいの?」と、その子はきいた。

“And what should one do to make the hat come down?” he asked.

でも、みえっぱりはきいてなかった。みえっぱりは、ほめことばにしか、ぜったい耳をかさない。

But the conceited man did not hear him. Conceited people never hear anything but praise.

「おまえは、おれさまを心のそこから、たたえているか?」と、その男は王子くんにきいた。

“Do you really admire me very much?” he demanded of the little prince.

「たたえるって、どういうこと?」

“What does that mean — ‘admire’?”

「たたえるっていうのは、このおれさまが、この星でいちばんかっこよくて、いちばんおしゃれで、いちばん金もちで、いちばんかしこいんだって、みとめることだ。」

“To admire means that you regard me as the handsomest, the best-dressed, the richest, and the most intelligent man on this planet.”

「でも、星にはきみしかいないよ!」

“But you are the only man on your planet!”

「おねがいだ、とにかくおれさまをたたえてくれ!」

“Do me this kindness. Admire me just the same.”

「たたえるよ。」といって、王子くんは、かたをちょっとあげた。「でも、きみ、そんなことのどこがだいじなの?」

“I admire you,” said the little prince, shrugging his shoulders slightly, “but what is there in that to interest you so much?”

そして王子くんは、そこをあとにした。

And the little prince went away.

おとなのひとって、やっぱりそうとうおかしいよ、とだけ、その子は心のなかで思いつつ、たびはつづく。

“The grown-ups are certainly very odd,” he said to himself, as he continued on his journey.

12

ХII

つぎの星は、のんだくれのすまいだった。ほんのちょっとよっただけなのに、王子くんは、ずいぶん気もちがおちこんでしまった。

The next planet was inhabited by a tippler. This was a very short visit, but it plunged the little prince into deep dejection.

「ここでなにしてるの?」王子くんは、のんだくれにいった。その子が見ると、その男は、からのビンひとそろい、なかみのはいったビンひとそろいをまえにして、だんまりすわっていた。

“What are you doing there?” he said to the tippler, whom he found settled down in silence before a collection of empty bottles and also a collection of full bottles.

「のんでんだ。」と、のんだくれは、しょんぼりとこたえた。

“I am drinking,” replied the tippler, with a lugubrious air.

「なんで、のむの?」と王子くんはたずねた。

“Why are you drinking?” demanded the little prince.

「わすれたいんだ。」と、のんだくれはこたえた。

“So that I may forget,” replied the tippler.

「なにをわすれたいの?」と、王子くんは気のどくになってきて、さらにきいた。

“Forget what?” inquired the little prince, who already was sorry for him.

「はずかしいのをわすれたい。」と、のんだくれはうつむきながら、うちあけた。

“Forget that I am ashamed,” the tippler confessed, hanging his head.

「なにがはずかしいの?」と、王子くんはたすけになりたくて、たずねてみた。

“Ashamed of what?” insisted the little prince, who wanted to help him.

「のむのがはずかしい!」のんだくれは、そういったきり、とうとうだんまりをきめこんだ。

“Ashamed of drinking!” The tippler brought his speech to an end, and shut himself up in an impregnable silence.

どうしていいかわからず、王子くんは、そこをあとにした。

And the little prince went away, puzzled.

おとなのひとって、やっぱりめちゃくちゃおかしい、とその子は心のなかで思いつつ、たびはつづく。

“The grown-ups are certainly very, very odd,” he said to himself, as he continued on his journey.

13

XIII

よっつめの星は、しごとにんげんのものだった。このひとは、とってもいそがしいので、王子くんが来たときも、かおを上げなかった。

The fourth planet belonged to a businessman. This man was so much occupied that he did not even raise his head at the little prince’s arrival.

「こんにちは。」と、その子はいった。「たばこの火、きえてるよ。」

“Good morning,” the little prince said to him. “Your cigarette has gone out.”

「3+2=5。5+7=12。12+3=15。こんにちは。15+7=22。22+6=28。火をつけなおすひまなんてない。26+5=31。ふう。ごうけいが、5おく162まん2731。」

“Three and two make five. Five and seven make twelve. Twelve and three make fifteen. Good morning. Fifteen and seven make twenty-two. Twenty-two and six make twenty-eight. I haven’t time to light it again. Twenty-six and five make thirty-one. Phew! Then that makes five-hundred-and-one million, six-hundred-twenty-two-thousand, seven-hundred-thirty-one.”

「なに、その5おくって。」

“Five hundred million what?” asked the little prince.

「ん? まだいたのか。5おく……もうわからん……やらなきゃいけないことがたくさんあるんだ! ちゃんとしてるんだ、わたしは。むだ口たたいてるひまはない! 2+5=7……」

“Eh? Are you still there? Five-hundred-and-one million — I can’t stop… I have so much to do! I am concerned with matters of consequence. I don’t amuse myself with balderdash. Two and five make seven…”

「なんなの、その5おく100まんっていうのは。」また王子くんはいった。なにがあっても、いちどしつもんをはじめたら、ぜったいにやめない。

“Five-hundred-and-one million what?” repeated the little prince, who never in his life had let go of a question once he had asked it.

しごとにんげんは、かおを上げた。

The businessman raised his head.

「54年この星にすんでいるが、気がちったのは、3どだけだ。さいしょは、あれだ、22年まえのこと、コガネムシがどこからともなく、とびこんできたせいだ。ぶんぶんとうるさくしたから、たし算を4回まちがえた。

“During the fifty-four years that I have inhabited this planet, I have been disturbed only three times. The first time was twenty-two years ago, when some giddy goose fell from goodness knows where. He made the most frightful noise that resounded all over the place, and I made four mistakes in my addition.

2どめは、あれだ、11年まえ、リウマチのほっさがおきたせいだ。うんどうぶそくで、あるくひまもない。ちゃんとしてるんだ、わたしは。3どめは……まさにいまだ! さてと、5おく100……」

The second time, eleven years ago, I was disturbed by an attack of rheumatism. I don’t get enough exercise. I have no time for loafing. The third time — well, this is it! I was saying, then, five-hundred-and-one millions — ”

「……も、なにがあるの?」

“Millions of what?”

しごとにんげんは、ほっといてはもらえないんだと、あきらめた。

The businessman suddenly realized that there was no hope of being left in peace until he answered this question.

「……も、あのちいさいやつがあるんだ。ときどき空に見えるだろ。」

“Millions of those little objects,” he said, “which one sometimes sees in the sky.”

「ハエ?」

“Flies?”

「いいや、そのちいさいのは、ひかる。」

“Oh, no. Little glittering objects.”

「ミツバチ?」

“Bees?”

「いいや。そのちいさいのは、こがね色で、なまけものをうっとりさせる。だが、ちゃんとしてるからな、わたしは! うっとりしてるひまはない。」

“Oh, no. Little golden objects that set lazy men to idle dreaming. As for me, I am concerned with matters of consequence. There is no time for idle dreaming in my life.”

「あっ! 星?」

“Ah! You mean the stars?”

「そうだ、星だ。」

“Yes, that’s it. The stars.”

「じゃあ、5おく100まんの星をどうするの?」

“And what do you do with five-hundred millions of stars?”

「5おく162まん2731。ちゃんとしてるんだ、わたしは。こまかいんだ。」

“Five-hundred-and-one million, six-hundred-twenty-two thousand, seven-hundred-thirty-one. I am concerned with matters of consequence: I am accurate.”

「それで、星をどうするの?」

“And what do you do with these stars?”

「どうするかって?」

“What do I do with them?”

「うん。」

“Yes.”

「なにも。じぶんのものにする。」

“Nothing. I own them.”

「星が、きみのもの?」

“You own the stars?”

「そうだ。」

“Yes.”

「でも、さっきあった王さまは……」

“But I have already seen a king who — ”

「王さまは、じぶんのものにしない、〈おさめる〉んだ。ぜんぜんちがう。」

“Kings do not own, they reign over. It is a very different matter.”

「じゃあ、星がじぶんのものだと、なんのためになるの?」

“And what good does it do you to own the stars?”

「ああ、お金もちになれるね。」

“It does me the good of making me rich.”

「じゃあ、お金もちだと、なんのためになるの?」

“And what good does it do you to be rich?”

「またべつの星が買える、あたらしいのが見つかったら。」

“It makes it possible for me to buy more stars, if any are discovered.”

王子くんは心のなかでおもった。『このひと、ちょっとへりくつこねてる。さっきのよっぱらいといっしょだ。』

“This man,” the little prince said to himself, “reasons a little like my poor tippler…”

でもとりあえず、しつもんをつづけた。

Nevertheless, he still had some more questions.

「どうやったら、星がじぶんのものになるの?」

“How is it possible for one to own the stars?”

「そいつは、だれのものだ?」と、しごとにんげんは、ぶっきらぼうにへんじをした。

“To whom do they belong?” the businessman retorted, peevishly.

「わかんない。だれのものでもない。」

“I don’t know. To nobody.”