어린 왕자 / あのときの王子くん — czytaj online. Strona 5

Koreańsko-japońska dwujęzyczna książka

앙투안 드 생텍쥐페리

어린 왕자

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

あのときの王子くん

“그래서 내 것이라니까. 내가 제일 먼저 그 생각을 했으니까.”

「じゃあ、わたしのものだ。さいしょにおもいついたんだから。」

“그거면 충분해?”

「それでいいの?」

“물론이지. 네가 주인 없는 다이아몬드를 발견하면 그건 네 것이지. 주인 없는 섬을 발견하면 그건 네 섬이고. 네가 어떤 생각을 제일 먼저 했다면 특허를 내. 그럼 그것이 네 것 이 되는 거야. 그래서 내가 별들을 소유하는 거야. 나보다 먼 저 별을 가지려고 생각한 사람이 아무도 없거든.”

「もちろん。たとえば、きみが、だれのものでもないダイヤを見つけたら、それはきみのものになる。だれのものでもない島を見つけたら、それはきみのもの。さいしょになにかをおもいついたら、〈とっきょ〉がとれる。きみのものだ。だから、わたしは星をじぶんのものにする。なぜなら、わたしよりさきに、だれひとりも、そんなことをおもいつかなかったからだ。」

“그렇군. 그런데 별 갖고 뭘 해?” 어린 왕자가 말했다.

「うん、なるほど。」と王子くんはいった。「で、それをどうするの?」

“관리하지. 세고 또 세지. 어려운 일이지. 하지만 나는 착 실한 사람이거든!”

「とりあつかう。かぞえて、かぞえなおす。」と、しごとにんげんはいった。「むずかしいぞ。だが、わたしは、ちゃんとしたにんげんなんだ!」

어린 왕자는 그래도 만족할 수 없었다.

王子くんは、まだなっとくできなかった。

“난 머플러를 가지고 그걸 내 목에 두르고 다닐 수 있어. 또 한 송이 꽃을 가지고 있을 때는 내 꽃을 따서 지니고 다닐 수도 있고. 하지만 아저씨는 별을 딸 수 없잖아!”

「ぼくは、スカーフいちまい、ぼくのものだったら、首のまわりにまきつけて、おでかけする。ぼくは、花が1りん、ぼくのものだったら、花をつんでもっていく。でも、きみ、星はつめないよね!」

“그렇지. 하지만 은행에 맡길 수 있지.”

「そうだ。だが、ぎんこうにあずけられる。」


「それってどういうこと?」

“그게 무슨 말이야.” “작은 종이에 내 별들의 숫자를 적어 서랍에 넣고 잠가 버 리지.”

「じぶんの星のかずを、ちいさな紙きれにかきとめるってことだ。そうしたら、その紙を、ひきだしにしまって、カギをかける。」

“그게 다야?”

「それだけ?」

“그게 다지!”

「それでいいんだ!」

재미있으면서 꽤나 시적인 일이다. 하지만 그리 중요한 일 은 아니라고 어린 왕자는 생각했다.

王子くんはおもった。『おもしろいし、それなりにかっこいい。でも、ぜんぜんちゃんとしてない!』

어린 왕자는 중요한 일에 대해서 어른들과 매우 다른 생각 을 지니고 있었다.

王子くんは、ちゃんとしたことについて、おとなのひとと、ちがったかんがえをもっていたんだ。

어린 왕자가 말했다. “난 꽃을 한 송이 소유하고 있으면서 날마다 물을 줘. 세 개의 화산도 소유하고 있는데 매주 청소를 해주지. 꺼진 화 산도 청소하고. 누가 알아. 내가 화산과 꽃을 가지고 있으면 그들에게 이롭지. 하지만 아저씨는 별들에게 이로울 게 없 어…”

「ぼく。」と、その子はことばをつづける。「花が1りん、ぼくのもので、まいにち水をやります。火山がみっつ、ぼくのもので、まいしゅう、ススはらいをします。それに、火がきえてるのも、ススはらいします。まんがいちがあるから。火山のためにも、花のためにもなってます、ぼくのものにしてるってことが。でも、きみは星のためにはなってません……」

사업가는 입을 열어 무슨 말을 하려고 했으나 답을 찾지 못했다. 그래서 어린 왕자는 떠나 버렸다.

しごとにんげんは、口もとをひらいたけど、かえすことばが、みつからなかった。王子くんは、そこをあとにした。

‘어른들은 정말 완전 희한해.’ 이렇게만 생각하면서 어린 왕자는 여행을 계속했다.

おとなのひとって、やっぱりただのへんてこりんだ、とだけ、その子は心のなかでおもいつつ、たびはつづく。

ⅩⅣ

14

다섯 번째 별은 무척 신기했다. 모든 별들 가운데 가장 작 은 별이었다. 가로등 하나와 가로등지기 한 사람이 있을 만 한 자리밖에 없었다.

いつつめの星は、すごくふしぎなところだった。ほかのどれよりも、ちいさかった。ほんのぎりぎり、あかりと、あかりつけの入るばしょがあるだけだった。

하늘 어딘가에, 집도 없고 사람도 살지 않는 별에 가로등과 가로등지기가 무슨 소용이 있을지 생각 해 보았지만, 어린 왕자는 도무지 이해할 수 없었다. 그렇지 만 그는 속으로 생각해 보았다.

王子くんは、どうやってもわからなかった。空のこんなばしょで、星に家もないし、人もいないのに、あかりとあかりつけがいて、なんのためになるんだろうか。それでも、その子は、心のなかでこうおもった。

‘어쩌면 이 아저씨도 엉뚱할지 몰라. 그래도 왕이나 허영 쟁이나 사업가 또는 술 아저씨보다는 낫겠지? 적어도 그가 하는 일에는 어떤 의미가 있거든. 가로등을 켜면 별 하나 또 는 꽃 한 송이를 새로 태어나게 하는 셈이니. 가로등을 끄면 그 꽃이나 별을 재우는 거지. 이거 정말 멋진 일이군. 멋지니 까 정말 쓸모 있는 일이지.’

『このひとは、ばかばかしいかもしれない。でも、王さま、みえっぱり、しごとにんげんやのんだくれなんかよりは、ばかばかしくない。そうだとしても、このひとのやってることには、いみがある。あかりをつけるってことは、たとえるなら、星とか花とかが、ひとつあたらしくうまれるってこと。だから、あかりをけすのは、星とか花をおやすみさせるってこと。とってもすてきなおつとめ。すてきだから、ほんとうに、だれかのためになる。』

어린 왕자는 행성에 다가가서 가로등지기에게 공손히 인 사했다.

その子は星にちかづくと、あかりつけにうやうやしくあいさつをした。

“안녕, 아저씨. 가로등을 막 끄던데 왜 그런 거지?”

「こんにちは。どうして、いま、あかりをけしたの?」

“그건 명령이야. 좋은 아침.” 가로등지기가 대답했다.

「しなさいっていわれてるから。」と、あかりつけはこたえた。「こんにちは。」

“명령이라니, 그게 뭔데?”

「しなさいって、なにを?」

“내 가로등을 끄는 거지. 좋은 밤.”

「このあかりをけせって。こんばんは。」

그리고 그는 다시 불을 켰다.

と、そのひとは、またつけた。

“왜 지금 막 다시 켰어?”

「えっ、どうして、いま、またつけたの?」

“명령이야.” 가로등지기가 대답했다.

「しなさいっていわれてるから。」と、あかりつけはこたえた。

“무슨 말인지 모르겠는걸.” 어린 왕자가 말했다.

「よくわかんない。」と王子くんはいった。

“알고 자시고 할 거 없어. 명령은 명령이니까. 좋은 아침.” 가로등지기가 말했다.

「わかんなくていいよ。」と、あかりつけはいった。「しなさいは、しなさいだ。こんにちは。」

그리고 가로등을 껐다.

と、あかりをけした。

그러고 나서는 붉은 체크무늬 손수건으로 이마의 땀을 닦 았다.

それから、おでこを赤いチェックのハンカチでふいた。

“정말 고된 일이야. 전에는 순탄한 일이었지. 아침에 불을 끄고 저녁이면 다시 켰지. 그래서 낮 동안은 쉬고 나머지 밤 에는 잠을 잘 수 있었거든…”

「それこそ、ひどいしごとだよ。むかしは、ものがわかってた。あさけして、夜つける。ひるのあまったじかんをやすんで、夜のあまったじかんは、ねる……」

“그럼, 그 후 명령이 바뀐 건가?”

「じゃあ、そのころとは、べつのことをしなさいって?」

“명령은 바뀌지 않았어. 그게 비극이지! 이 별은 해가 갈 수록 점점 빨리 돌아. 그런데 명령은 바뀌지 않았으니!” 가로등지기가 말했다.

「おなじことをしなさいって。」と、あかりつけはいった。「それがほんっと、ひどい話なんだ! この星は年々、まわるのがどんどん早くなるのに、おなじことをしなさいって!」

“그래서?” 어린 왕자가 말했다.

「つまり?」

“그래서 이제는 일 분에 한 번씩 도니 일 초도 쉴 틈이 없 어. 일 분마다 한 번씩 켜고 끄는 거지.”

「つまり、いまでは、1ぷんでひとまわりするから、ぼくにはやすむひまが、すこしもありゃしない。1ぷんのあいだに、つけたりけしたり!」

“그것참 이상하네! 아저씨네 별에선 하루가 일 분이라니!”

「へんなの! きみんちじゃ、1日が1ぷんだなんて!」

“조금도 이상할 것 없지. 우리가 함께 이야기 나눈 지 벌 써 한 달이 됐으니까.” 가로등지기가 말했다.

「なにがへんだよ。」と、あかりつけがいった。「もう、ぼくらは1か月もいっしょにしゃべってるんだ。」

“한 달이나?”

「1か月?」

“그래. 삼십 분이니까, 삼십 일이지! 좋은 밤.”

「そう。30ぷん、30日! こんばんは。」

그러고는 그는 다시 가로등을 켰다.

と、またあかりをつけた。

어린 왕자는 그를 바라보았다. 명령에 그토록 충실한 그 가로등지기가 마음에 들었다.

王子くんは、そのひとのことをじっと見た。しなさいっていわれたことを、こんなにもまじめにやる、このあかりつけのことが、すきになった。

지난날 의자를 끌어당겨 석양 을 보러 가던 옛날이 생각났다. 친구를 도와주고 싶었다.

その子は、夕ぐれを見たいとき、じぶんからイスをうごかしていたことを、おもいだした。その子は、この友だちをたすけたかった。

“이거 알아? …쉬고 싶을 때 쉴 방법을 알고 있는데…”

「ねえ……やすみたいときに、やすめるコツ、知ってるよ……」

“언제나 쉬고 싶지.” 가로등지기가 말했다.

「いつだってやすみたいよ。」と、あかりつけはいった。

사람은 누구나 충실하면서도 게으를 수 있다.

ひとっていうのは、まじめにやってても、なまけたいものなんだ。

어린 왕자는 이야기를 계속했다. “아저씨의 별은 아주 작으니까 세 발짝만 옮겨 놓으면 한 바퀴 돌 수 있어. 언제나 햇볕을 쬐려면 천천히 걷기만 하면 되는 거야. 쉬고 싶으면 걸어…그럼 원하는 대로 해가 길어 질 거야.”

王子くんは、ことばをつづけた。
「きみの星、ちいさいから、大またなら3ぽでひとまわりできるよね。ずっと日なたにいられるように、ゆっくりあるくだけでいいんだよ。やすみたくなったら、きみはあるく……すきなぶんだけ、おひるがずっとつづく。」

“별로 도움이 안 되겠는 걸. 내 평생소원은 잠자는 거야.” 가로등지기가 말했다.

「そんなの、たいしてかわらないよ。」と、あかりつけはいった。「ぼくがずっとねがってるのは、ねむることなんだ。」

“안됐네.” 어린 왕자가 말했다.

「こまったね。」と王子くんがいった。

“그러게 말이지. 좋은 밤.” 가로등지기기가 말했다.

「こまったね。」と、あかりつけもいった。「こんにちは。」

그러고는 가로등을 껐다.

と、あかりをけした。

더 먼 곳으로 여행을 떠나며 어린 왕자는 생각했다. ‘이 아저씨는 다른 모든 사람들, 왕, 허영쟁이, 술 아저씨 또는 사업가로부터 멸시받겠지. 하지만 우스꽝스럽게 보이 지 않는 사람은 이 아저씨뿐이야. 그건 이 아저씨가 저 자신 이 아닌 다른 일에 열심이기 때문일 거야.’

王子くんは、ずっととおくへたびをつづけながら、こんなふうにおもった。『あのひと、ほかのみんなから、ばかにされるだろうな。王さま、みえっぱり、のんだくれ、しごとにんげんから。でも、ぼくからしてみれば、たったひとり、あのひとだけは、へんだとおもわなかった。それっていうのも、もしかすると、あのひとが、じぶんじゃないことのために、あくせくしてたからかも。』

어린 왕자는 안타까움에 한숨을 내쉬며 이런 생각을 해 봤다.

その子は、ざんねんそうにためいきをついて、さらにかんがえる。

‘친구 삼을 만한 건 이 아저씨뿐인데. 하지만 아저씨별은 너무 좁아. 두 사람만 돼도 설 자리가 없거든…’

『たったひとり、あのひとだけ、ぼくは友だちになれるとおもった。でも、あのひとの星は、ほんとにちいさすぎて、ふたりも入らない……』

어린 왕자가 차마 고백할 수 없었던 것이 있다. 자신이 이 축복받은 별에 미련을 떨칠 수 없는 것이 특히 스물네 시간 동안 천사백사십 번 해가 지기 때문이었다는 사실이다.

ただ、王子くんとしては、そうとはおもいたくなかったんだけど、じつは、この星のことも、ざんねんにおもっていたんだ。だって、なんといっても、24じかんに1440回も夕ぐれが見られるっていう、めぐまれた星なんだから!

ⅩⅤ

15

여섯 번째 별은 열 배나 더 컸다. 이 별에는 굉장한 책을 쓰고 있는 노신사가 살았다.

むっつめの星は、なん10ばいもひろい星だった。ぶあつい本をいくつも書いている、おじいさんのすまいだった。

“이런! 탐험가가 오는군!” 어린 왕자를 보자 그는 크게 소리쳤다.

「おや、たんけん家じゃな。」王子くんが見えるなり、そのひとは大ごえをあげた。

어린 왕자는 책상에 걸터앉아 잠깐 숨을 돌렸다. 벌써 여 행을 꽤 했나 보다!

王子くんは、つくえの上にこしかけて、ちょっといきをついた。もうそれだけたびをしたんだ!

“어디서 오는 거니?” 노인이 물었다.

「どこから来たね?」と、おじいさんはいった。

“이 두꺼운 책은 뭐에요? 여기서 뭘 하시는 거지요?”

「なあに、そのぶあつい本?」と王子くんはいった。「ここでなにしてるの?」

어린 왕자가 물었다. “난 지리학자란다.”

「わしは、ちりのはかせじゃ。」と、おじいさんはいった。

노인이 말했다. “지리학자가 뭐예요?”

「なあに、そのちりのはかせっていうのは?」

“바다와 강과 도시와 산, 그리고 사막이 어디에 있는지를 아는 사람이지.”

「ふむ、海、川、町、山、さばくのあるところをよくしっとる、もの知りのことじゃ。」

“거참 재미있네요. 그거야말로 진짜 직업이네요!”

「けっこうおもしろそう。」と王子くんはいった。「やっと、ほんもののしごとにであえた!」

어린 왕자는 이렇게 말하고 지리학자의 별 주위를 살폈다. 그처럼 멋진 별을 본 적이 없었다.

それからその子は、はかせの星をぐるりと見た。こんなにもでんとした星は、見たことがなかった。

“할아버지 별은 참 아름답군요. 바다도 있나요?”

「とってもみごとですね、あなたの星は。大うなばらは、あるの?」

“그거야 알 수 없지.” 지리학자가 대답했다.

「まったくもってわからん。」と、はかせはいった。

“그래요? (어린 왕자는 실망했다.) 그럼 산은요?”

「えっ!(王子くんは、がっかりした。)じゃあ、山は?」

“난 알 수 없어.” 지리학자가 말했다.

「まったくもってわからん。」と、はかせはいった。

“그럼 도시와 강과 사막은요?”

「じゃあ、町とか川とか、さばくとかは?」

“그것도 알 수 없어.” 지리학자가 말했다.

「それも、まったくもってわからん。」と、はかせはいった。

“지리학자라면서요?”

「でも、ちりのはかせなんでしょ!」

“그래. 하지만 난 탐험가가 아니거든. 내겐 탐험가가 하나 도 없거든. 도시, 강, 산, 바다, 태양, 사막을 세러 다니는 건 지리학자의 몫이 아니란다.

「さよう。」と、はかせはいった。「だが、たんけん家ではない。それに、わしの星にはたんけん家がおらん。ちりのはかせはな、町、川、山、海、大うなばらやさばくをかぞえに行くことはない。

지리학자는 너무 중요한 사람이 라 산책할 여유가 없지. 서재를 떠나지 못해. 서재에서 탐험 가들을 만나지. 그들에게 물어보고 그들의 기억을 기록하지. 탐험가의 기억 중에 지리학자가 흥미로워하는 게 있으면 탐 험가의 품행을 조사하지.”

はかせというのは、えらいひとだもんで、あるきまわったりはせん。じぶんのつくえを、はなれることはない。そのかわり、たんけん家を、むかえるんじゃ。はかせは、たんけん家にものをたずね、そのみやげ話をききとる。そやつらの話で、そそられるものがあったら、そこではかせは、そのたんけん家が、しょうじきものかどうかをしらべるんじゃ。」

“그건 왜요?”

「どうして?」

“탐험가가 거짓말하면 지리책이 큰일 나지. 탐험가가 술 을 너무 마셔도 그렇지.”

「というのもな、たんけん家がウソをつくと、ちりの本はめちゃくちゃになってしまう。のんだくれのたんけん家も、おなじだ。」

“그건 왜요?” 어린 왕자가 말했다.

「どうして?」と王子くんはいった。

“왜냐하면 술 취하면 둘로 보이거든. 그러면 산이 하나밖 에 없는 곳에 두 개의 산을 표시할 수도 있지.”

「というのもな、よっぱらいは、ものがだぶって見える。そうすると、はかせは、ひとつしかないのに、ふたつ山があるように、書きとめてしまうからの。」

“내가 아는 어떤 사람도 형편없는 탐험가가 될 수 있겠 네요?” 어린 왕자가 말했다.

「たんけん家に、ふむきなひと、ぼく知ってるよ。」と王子くんはいった。

“그럴 수도 있겠지. 그래서 탐험가의 품행이 양호하다고 알려지면 그가 발견한 것을 조사하지.”

「いるじゃろな。ところで、そのたんけん家が、しょうじきそうだったら、はかせは、なにが見つかったのか、たしかめることになる。」

“가서 보나요?”

「見に行くの?」

“가지 않아. 너무 번다하니까. 그 대신 탐험가에게 증거를 제시하라고 요구하는 거야. 커다란 산을 발견했다면 커다란 암석을 가져오라고 시키지.”

「いや。それだと、あまりにめんどうじゃ。だから、はかせは、たんけん家に、それをしんじさせるだけのものを出せ、という。たとえば、大きな山を見つけたっていうんであれば、大きな石ころでももってこにゃならん。」

지리학자는 갑자기 흥분해서 말했다.

はかせは、ふいにわくわくしだした。

“그런데 너는 멀리서 왔지? 너는 탐험가야! 네 별 이야기 를 자세히 해 보거라!”

「いやはや、きみはとおくから来たんだな! たんけん家だ! さあ、わしに、きみの星のことをしゃべってくれんか。」

그러더니 지리학자는 공책을 펼치고 연필을 깎았다. 탐험 가의 이야기를 처음에는 연필로 기록한다. 이후 증거가 확보 되면 기다렸다가 잉크로 적는 것이다.

そうやって、はかせはノートをひらいて、えんぴつをけずった。はかせというものは、たんけん家の話をまず、えんぴつで書きとめる。それから、たんけん家が、しんじられるだけのものを出してきたら、やっとインクで書きとめるんだ。

“자, 어떤 별이지?” 지리학자가 물었다.

「それで?」と、はかせはたずねた。

“아, 내 별은 별로 흥미롭지 않아요. 무척 작거든요. 화산 이 셋 있어요. 둘은 활동 중이고 하나는 꺼져 있지요. 하지만 누가 알아요.”

「えっと、ぼくんち。」と王子くんはいった。「あんまりおもしろくないし、すごくちいさいんだ。みっつ火山があって、ふたつは火がついていて、ひとつはきえてる。でも、まんがいちがあるかもしれない。」

“누가 알겠니.” 지리학자가 말했다.

「まんがいちがあるかもしれんな。」と、はかせはいった。

“꽃도 하나 있어요.”

「花もあるよ。」

“우린 꽃은 기록하지 않아.” 지리학자가 말했다.

「わしらは、花については書きとめん。」と、はかせはいった。

“왜요? 제일 예쁜 꽃인데!”

「どうしてなの! いちばんきれいだよ!」

“꽃들은 덧없는 것이니까.”

「というのもな、花ははかないんじゃ。」

“‘덧없는’ 게 뭐예요?”

「なに、その〈はかない〉って?」

“지리책은 모든 책 가운데 가장 귀중한 책이야. 지리책은 유행에 뒤지는 법이 없지. 산이 위치를 바꾸는 건 매우 드물 지. 바다가 바닥을 보이는 일도 그렇고. 우리는 영원한 것을 기록하지.”

「ちりの本はな、」と、はかせはいう。「すべての本のなかで、いちばんちゃんとしておる。ぜったい古くなったりせんからの。山がうごいたりするなんぞ、めったにない。大うなばらがひあがるなんぞ、めったにない。わしらは、かわらないものを書くんじゃ。」

“하지만 꺼진 화산들이 깨어날 수도 있어요. ‘덧없는’ 게 뭐예요?” 어린 왕자가 말을 가로막았다.

「でも、きえた火山が目をさますかも。」と王子くんはわりこんだ。「なあに、その〈はかない〉って?」